過去の後悔の完了

こんばんは。ねむりの王様、美鈴です。

ブログはパソコンでしか書かない!と決めていたけれど、書きたいことが湧いてくるのって、『さぁ寝ようかなぁ』のリラックスタイムなんです。

そこで、わざわざパソコン開いて、と、仕事モードになりたくないので、明日にしよーって後回しにしては、次の日には何を書きたいんだったか忘れてしまう、というダメパターンを繰り返していたのですが、

『スマホで書けばいいやん。』

ってことに気づき、今はサメのぬいぐるみをわきに抱えながら書いています。今までのやり方に固執しないことも大事ですね。

先日のブログで、年末自分大掃除について書きましたが、誰かの自分大掃除に役立ったら良いなと思うので、思いついたことシェアしていきますね。

眠りをさまたげる、さらには人生を困難にする、

『自分の中にたまっている何か』を手放そうと言いましたが、それは『過去の不完了』が引き起こしています。

先日、ある過去の不完了を思い出しました。

わたしには4つ下の妹がいますが、小さい頃、2人で子供部屋で遊んでいた時のことです。

私は、2段ベットの上から飛び降りるのが楽しくて、何度もジャンプしては遊んでいました。

その時2段ベットのはしごが脚にひっかかり、外れて倒れてしまい、その下にいた妹のおでこに直撃。

パカっと皮膚が割れて血だらけになり、慌てて母が病院に連れていき縫ってもらいましたが、顔に一生残る傷を負わせてしまいました。

大きなショックを受けたことは覚えています。わたしは母を呼ぶ以外、何も出来ず、ただ大変なことをした!という後悔。

母にも父にも怒られた覚えはなく、わざとじゃないから仕方ない、となぐさめられたと記憶しています。

後悔、罪悪感、私のせいじゃない、わざとじゃないと言い訳したい思い。

きっとその場で全部ぶちまけて感情を解放出来ていたら完了していたかもしれませんが、それをしないまま、私の中に残っていたようです。

だから無意識に、罪悪感を感じるような現象を生み出したり、人に責められると、すごく反応して、わざとじゃない!とか、仕方なかった!とか、人のせいにしたり何か環境のせいにしたり、加害者になりたくないという意識が強く働く、というパターンを何度も繰り返していました。

妹をケガさせたことはほんの1例で、『失敗し、後悔し、逃避する』ということを、人生の中で何度もやってきたと思います。

先日、だんなさんと大げんかして、感情を出しまくった後、2日ぐらい仲間にアドバイスをもらいながら内観しました。

その後、夜中に猛烈に過去の色々なことを反省しました。何かのユメを見ていたんですが、夜中に目が覚め、いてもたってもいられないくらい、謝罪したい気分になったのです。不思議と。

逃避していたから、完了しなかったのだ、と思いました。

たくさんの迷惑をかけて生きてきたけれど、過去起こった出来事、全てわたしの進化に必要なことだった。と感じました。

『自分大掃除』に必要なこと。

まずは『過去の不完了』を含め、逃げずに、『ぜーんぶ必要なことだったんだ。』と理解して、感謝して、昇華することが大切なのかもしれません。

あなたにも、人生の中で、『どうしていつもこうなっちゃうんだろう!?』と、同じパターンを繰り返していることはありませんか??

気づいているならば、それは手放して前に進む時なのかもしれませんね!

それではまた(o^^o)良いユメを〜

おやすみなさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA