新着情報&イベント情報

10月14日【音ヨガ】スペシャルゲストをお迎えしての歌うヨガキールタン&瞑想

2016/09/28

14454725_1113701022054906_859826780_n.jpg

 

今月は、日本で唯一人のSatvik Veena(インド古典楽器)奏者、松久ひろゆきさんをお迎えしてのキールタン&瞑想。
 
キールタンとは、知性ではなく、感情を重視するバクティヨガ(信愛のヨガ)に含まれます。
 
キールタンでは、神聖な波動が宿るとされるマントラ(真言)や祈りをメロディーにのせてみんなで歌うことで、内側から発する音を全身に響かせていきます。
 
自分の声と、そしてマントラ(真言)に宿るエネルギー、全員の波動が重なり合うことで、浄化と癒しのパワーが増幅します。
 
キールタンの後は、ヒロさんの奏でる音の中で、忙しく動き回る思考、マインドの罠から抜け出し、深い瞑想に入ります。
やさしく誘導していきますので瞑想が初めての方でも大丈夫です。
 
みんなで楽しく歌って瞑想してつながっていきましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇ special guest airtist ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【松久ひろゆき】
 
日本で唯一人のSatvik Veena(インド古典楽器)奏者、シンガーソングライター。キールタン
2009年より、グラミー賞受賞者Pt.Vishwa Mohan Bhatt氏と、その息子であるPt .Salil Bhatt氏に師事。同年、バルナギータのサイドギターとして活動をスタート。
ヨガとのコラボレーションやジャンルを超えた様々なアーティストとの共演多数。
命ある事の有難さを旋律に歌い 世界各国を旅する音楽家。
 
◆チャクラワーク音楽担当
 
◆天然肉体詩人藤條虫丸氏率いるThe Physical Poets
 
◆霊的探求の言霊と音霊と舞いのユニット
 
Bhogi Yogi Nirvana Express
 
Hado Artist Aki-Ra Sunrise とのユニット migram
 
 
 
【サトヴィック・ヴィーナー Satvikveena 】
 
Ravi Shankarの弟子であったVishwa Mohan Bhattが1970年ごろに創作したMohan Veenaは、シタール、サロード、ギターを融合させた全く新しい楽器で、彼の功績により、世界中にその名を広めた。それをさらに彼の息子であるPt.Salil Bhattが進化させたのが、Satvikveena この楽器はシタールの持つ瞑想的で深淵な音色とギターの持つ優雅な響きを合わせ持ち、聞くものを癒し平安の世界へ誘う。それはまさに東洋と西洋の融合、長い人類史を経て進化した楽器である。
 
 
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇ イベント概要 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
日時:2016年10月14日(金)19:00~21:00 開場:18:45
 
会場:ヒーリングヨガサロンFlatti
   福岡市中央区梅光園1-2-17 SUN FUTABAビル3F
   tel 092-791-4548
 
参加費:2,000円(税込)
 
持ち物:瞑想のしやすいゆったりとした楽な服装でおこしください。
 
 
 
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 参加者のご感想 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
・とてもクリアになれる良い時間を過ごせました。
 
・光のイメージをしていると浄化されている感じがした。
 
・光のシャワーを浴びている感じで気持ちよかった。
 
・ずっと瞑想をしてみたいと思っていました。divineを感じる体験ができてとても良かったです。
 
・心のザワツキもおさまり、穏やかな時間を感じられました。
 
・マントラを唱えることでより集中出来ました。
 
・家で1人でする時よりも皆さんと一緒に場を共有したおかげで集中できました。
 
・マントラが心地よかったです。
 
・できるわけない、とどこかで思っている自分に気付いて良かったです。
 
・とても気持ちよかったです。
 
・誘導の声が心地良くて、終始ふわふわしていました。
 
・悩んでいたことがスッキリしました!
 
・声がとても心地良くていつの間にか意識がなくなっていました。
 
・他の方のシェアを聞いて、同じ瞑想でも色んな体験があるんだと知る事ができました。
 
・グループでの瞑想は初めてでした。最後の瞑想ではトローンとして今までの疲れが取れたようでした。
 
・心を鎮める良い時間を作ることができました。家でも継続していきたいです。
 
・心をゆっくり落ち着かせる道の光を見つけられた気がします。
 
・シェアする時間、内容が楽しかったです。力が抜けてゆっくり出来ました。
PREV       一覧へ戻る       NEXT