親からの自立

親からの自立

人生変えたい!と思ったら一番初めにやることは親からの精神的自立。だと改めて感じた今日1日。月に1度のダイアローグ(対話)プログラムの日でした。  結局人は環境の生き物で、親の言葉の影響をもろに受けて育って大人になってからも生きてます。 例えば、私は「優しい子だね」といつも言われて育ったので優しい自分が自分だと思い込み、常に人に優しくあらねばならぬ!という言葉に牛耳られて本当はすっごくわがままな自分を閉じ込めたり、いい子を演じてしまったり。「優しくないな。私。」と思った時は、必要以上に自分を責めてしまったり。  例えば、親になんでもかんでも反対されて育った人は親を認めさせてやりたい!という反発心で頑張り屋にはなるけれど知らない間に、本当の自分のやりたいことよりも、認められるために名声や成功に執着して走っていたり。  例えば、親にいざという時助けてもらった人は大人になっても何かピンチに直面した時は、誰かに依存したり、人のせいにしたりして自分で責任を取らない。  どういった形にしても、自分の生き方が親に多大な影響を受けている!という自覚から、人生変容のスタートだなぁと思います。  私はこのプログラムに関わるまで、自分が自立していないなんて、全く自覚がありませんでした。でも今は完全に自分という人間を生きていなかったことを自覚しています。  今まで自分だと思い込んでいた自分を卒業したらどんなわたしに出会えるんでしょうね。ワクワクしています。  親から言われた言葉。影響を受けている出来事。親と瓜二つ!という共通点。いろんな所に自分のクセのヒントはあります。  親からの自立。一緒に探究してみませんか? ...
Read More
三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで

「三つ子の魂百まで」ということわざがある通り、3歳までに記憶したことはその人の人生に大きな影響を与えています。 脳科学の分野では、「可能性」「感受性」「思考力」などを育んで行く上で、人生の脳の発達の中で最も重要な時期は1歳から3歳までであるということが証明されて来ているそうです。 3歳までに、愛情不足を感じていたら、大人になってからも愛情を求めたりすごく不安な出来事があったら、その記憶によって不安症になったり。逆に、思いきり愛されて自由奔放に育ったら、この世界は安全だ!という根底の元生きることになり、大胆な人生を創る大人になるかもしれません。  3歳までにインプットされた記憶、思い込み(言葉)が、良い働きをすることも悪い働きをすることもあるので、いらないなぁ、人生の妨げになっているなぁと思う言葉たちは、捨てる選択をしたら良いのですがどんな言葉が自分の中にあって、何を捨てたらいいのかわからないという方が多いと思います。  例えば私の場合、ゆったりくつろいだり、たっぷり寝たい!と思うのですが、なんとなく罪悪感があったりして時間があっても何かに追い立てられるかのように心がそわそわするのです。  「なんでかな?」と自分に聞いてみたり、人と話してみると幼い頃いつもトロかったので「早くしなさい!」という母の言葉が私の中にあるのだなぁと気づいて「ゆっくりくつろいでいいよ!エネルギーをアップしよう!」と自分に許可をして、新しい言葉に入れ替えます。そうやって自分のクセが抜けていき、変わって来ています。  でも、わからないこともありますよ。例えば、広い海とクジラの映像をみるといつもドキドキ怖いのです。なぜかは不明ですが何か脳にインプットされているのでしょう。  私たちの正体は、自分の中にある言葉たち。 言葉を入れ替えていくセンスが身についたら、人生変わるなぁと実感します。どうやってそんなセンスを磨くかというと?ダイアローグ(対話)が鍵です。  あなたは、自分のクセに気づいていますか?どんな言葉があなたをそうさせるのでしょう?ダイアローグして、一緒に言葉の探求、しませんか? ...
Read More
いいわけ人生の卒業

いいわけ人生の卒業

「でも」「だって」「だけど」「どうせ」言葉を使わなくなったら人生変わるよと以前、言われたことがあります。 私の心の中はこの言葉たちに支配されていました。 このいいわけ言葉、あきらめ言葉たちを使っているうちは進化する所にはいなくて、頑なに変わらない! 根底にあるのは、自己信頼のなさ。自分は悪くない!どっかの誰か、何かが悪い!という責任転嫁。 子供の頃に、理不尽に「あなたが悪い」と言われ育ったり、話を聞いてもらえなかったりして、「どうせ無理」というあきらめが強い人の特徴だと思います。  私は、類は友を呼ぶのか、そういう方によく出会います。 いいわけ人生をやめよー!って思ってももう無意識に染みついているので、「でも」「だって」「だけど」言葉をなくすのは、なかなか難しい。言葉に出さなくても、心の中でついつい呟いてしまいます。  ただ、自覚しておいた方が良いのはいいわけして生きているうちは、絶対自分の描く幸せ人生は創れない。何かに誰かに依存して生きて、自立できない。せっかく周りの人たちが問題解決をサポートしてあげよう、成長させよう、と力を貸してくれてもこの人意欲がないんだな、進化する気ないんだな、と相手を疲れさせて、最後は見放されてしまいます。  もう、そんな生き方やめよう!  これらを根本的に解決するには、心の奥底にある「言葉」を入れ替える必要があります。どうやって?と思う方。ぜひ話しましょう! 身体を緩ませながら過去の言葉とさよならしませんか? ...
Read More